株式投資での負ける人・勝つ人の違いって?
投資に関わっていると「勝った」、「負けた」とよく耳にしませんか?買った金額より売った金額のほうが高ければ、利益が出るため「勝った」、その逆の場合だと「負けた」という表現をします。株で勝つ人、負ける人はどういう違いがあるのでしょうか?ここでは、その違いを説明していきたいと思います。あくまでご参考程度にお読み下さい。  
勝つ人
株式投資で「ずっと勝ち続ける」はないため、どんな人でも失敗はあります。そのため、損切をしない人はほぼ100%の確率で資金を減らしてしまいます。なので、株式投資に限らず、投資で成功するためには損切を徹底し、損勝利大の取引を行うことが推奨されています。また、投資が上手な人は利益よりも損失に非常に目を向けている傾向があります。「如何に損をしないか」ということを徹底させているのです。巨額の資産を持っている方も、素早い損切りが大切だと言っているので、成功するために必要な要素だということが分かります。そして、専業トレーダーの方には大相場がきたときの為の準備ができており、その波がきたときには最初に飛び乗る準備をしている人が多くいます。常に仮定を頭の中で作成し、準備して相場の変動に備えています。チャンスを多く掴むためには、逃さない為の準備が必要です。  
負ける人
これは、成功する人とほとんど逆となります。やはり「損切」ができない人は勝てません。「含み損は確定損失でない」と、引っ張っている人はほとんどの場合、取引口座には塩付けポジションの宝庫となっています。そして、利益が出たら素早く利食う傾向にあります。もちろん、家族や友人が投資をやっており、経験があって成功している人から学ぶ人よりも、独学から入って痛い目を見続ける人も苦しいスタートとなります。たとえ失敗したとしても、損切やチャート分析、企業分析を行うなどの分析を行い、その失敗を認めて損を確定できる人はいずれ成功します。そうではなく、自身で分析せずに著名人や雑誌が推奨している銘柄を売買するだけの人はいつまでも成長はしません。こういう人の特徴として、利益ばかりに目がいっており、仮に損が出た時のことを考えていない傾向があります。損失のイメージがない為に、いざ含み損が膨らむとどうすればいいか分からず、現実から目を背けて損を引きずるのです。そのため、投資の世界では、間違いをしっかりと認め、見込みのない銘柄は諦めることが大切です  

取引手数料が安い!

楽天証券│女性│40代

いちにち定額コースを利用しているのですが、取引手数料は取引金額10万円まで0円なのでとても助かるし、嬉しいです。

クチコミ先の証券会社を見る

取引ツールが便利!

楽天証券│男性│20代

パソコンからはMARKETSPEED、スマホからはiSPEEDといった感じで使い分けができるのでとにかく使いやすいです。

クチコミ先の証券会社を見る

ポイントがたまる!

楽天証券│女性│30代

楽天証券の投信積立の決済を楽天カードですると、ポイントがもらえます。投資でポイントがたまるのはすごいです。

クチコミ先の証券会社を見る

ポイント買付できる!

楽天証券│男性│30代

投信は現金でないといけないものと思っていたのですが、楽天証券では楽天ポイントで買えます。たまった楽天ポイントが使えて感動です。

クチコミ先の証券会社を見る